テーマ

人間の家

昨年からのコロナ禍に生きる私たちは、感染拡大防止策・感染予防が最優先となる社会の中で、行動にさまざまな制約がかけられています。
生活が管理される中で、その必要性は理解しつつも抑圧状態にあると言えるでしょう。特殊な状況下においては、多様性が削がれ、問われていたはずのさまざまな課題も影を潜めてしまう、忘却という名の淘汰が起きているようにも思います。

ル・コルビュジエが著した『人間の家』(1942年発表、F・ド・ピエールフウと共著。鹿島出版会、1977年)では、第二次世界大戦中の疎開先から、ナチスに破壊されたパリの街をいかに再建するかという意欲的な都市計画案が示されました。
私たちも、このコロナ禍において、その先にある本質的でポジティブな提案を考え、投げかけることが大切なのではないでしょうか。
そこで、今回のテーマを「人間の家」としました。
身の回りの設えや、街の理想的なあり方でもよいでしょうし、制度的な提案になるかもしれません。これまでの家の枠組みを大きく超えて、幅広く考えてみてください。


みなさんの提案をお待ちしています。

「人間の家」を文字通りに捉えてもよいし、それをル・コルビュジエのように都市計画と捉えても、またはさまざまな生き物が同居する生態系のような大きな世界と理解してもよいと思います。それは、われわれの社会が目指すべき未来を予言するものになるかもしれません。自由に考えて、人間の生に相応しい世界を提案してください。

― 西沢立衛

脱人間中心主義や、ポストヒューマンが囁かれる今日、改めて「人間」を見つめ直すこと。「自然」が一筋縄に理解できないものであるのと同じように、「人間」もまた簡単に理解したり乗り越えたりできない。人間はこの先もずっと魅力的な謎であり続ける。なぜなら僕たちもみんな、人間なのだから。

― 平田晃久

「人間の家」を考えるには、まず人間とは何か定義しなければならないはずです。ルネサンス人にとっては比例かもしれないし、動物行動学者ならDNAの乗り物と言うかもしれない。地質学者なら最新地質年代の覇者でしょうか。今、この時代を生きる建築家にとって人間とは何か、斬新でかつ共有可能な定義に出会うことを楽しみにしています。

― 吉村靖孝

地球規模で生活習慣の変更を余儀なくされ、以前の生活には戻れない不可逆性を世界の人びとが実感し始めている。戻れない変化は常に起こっていたはずだが、昨今の状況はそれが世界的に共有されている稀な機会である。人間自体の捉え方や、生活の根源にある考え方に起こる不可逆な変化をもとに、どのような新しさが見出されるのか期待したい。

― 羽鳥達也

コロナ禍の社会においては、G.アガンベンのいうゾーエー(むき出しの生)とビオス(政治的な生)の対立が先鋭化している。社会が感染症対策のためにゾーエーの管理を求め、ビオスの存在が脅かされるためである。ここでは「人間の巣」や「動物の家」を想像したうえで、これからの「人間の家」を描いてみてほしい。

― 藤村龍至

新型コロナウイルス感染拡大は私たちの生活を変えてしまっただけでなく、価値観をも変えようとしています。しかし私たちが「住まう」ことについて、もう一度立ち止まって考えるよい機会なのかもしれません。多くの方々にアイデアを出していただき、それが活発な議論に繋がることを期待しています。

― 相臺志浩

結果発表

佳作

MEOR MOHD HARIS  KAMARUL BAHRINMike Foxtrot Imaginarium

FARAH ALIZA  BADARUDDINMike Foxtrot Imaginarium

佳作

ANDERSON WONGEmpt Studio

YUPENG GAOThe University of Melbourne (MSD)

YUTONG JINThe University of Melbourne (MSD)

佳作

ANNE GROSSStudio GROSS+PHD Student Tokyo Institute of Technology

SEBASTIAN GROSSStudio GROSS

ASAMI TOGAWAFreelance

受賞作品展示会

会場 建築会館ギャラリー
所在地 〒108-0014 東京都港区芝5丁目26-20 建築会館 1F
展示期間

2022年2月14日(月)12:00~19:30

2022年2月15日(火)9:00~19:30

2022年2月16日(水)9:00~19:30

2022年2月17日(木)9:00~16:00

ウェブサイト https://www.aij.or.jp/

賞金

  • 1等[1点]
  •  
  • 100万円
  • 2等[1点]
  •  
  • 50万円
  • 3等[1点]
  •  
  • 30万円
  • 佳作[8点]
  •  
  • 各10万円
総額 260万円/すべて税込
  • 「新建築」2022年1月号で発表
  •  建築会館ギャラリーにて展示:2022年2月14日(月)~ 17日(木)

スケジュール

 

応募登録開始
作品受付開始
応募登録終了
作品受付終了
結果は入選者に通知いたしました
2021年11月29日(月) 表彰式
2022年1月   『新建築』2022年1月号で発表いたします

応募要項

全て展開

登録方法

インターネットにて登録の場合は、本サイトの登録フォームよりご登録ください。


官製ハガキにて登録の場合は、下記作品送付先までご登録ください。


FAXにて登録の場合は、03-5244-9338までご登録ください。


インターネット登録には、「KENCHIKU」サイトのID・パスワードが必要となります。


お持ちでない方は、ID・パスワードを登録後、本コンペの登録を行ってください。


官製ハガキとFAXにて登録の場合「日新工業建築設計競技係」と明記し、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、勤務先あるいは学校名(学年)、所在地、電話番号、e-mailアドレスを書き添えてお申し込みください。


ご登録いただいた方には登録票をお送りいたします。 複数の作品を応募する場合は、作品ごとに登録してください。


登録のお問合せ:日新工業建築設計競技事務局|03-5244-9335

用紙

A2サイズ(420mm×594mm)の用紙(中判ケント紙あるいはそれに類する厚紙)1枚におさめること。模造紙等の薄い用紙は開封時に痛む恐れがあるので避けること。ただし、パネル化・額装は不可。

提出図面

配置図・平面図・立面図・断面図、透視図・模型写真など、設計意図を表現する図面(説明はできるだけ図面のみですること。各図面の縮尺は自由)。表現方法は、青焼、鉛筆、インキング、着色、写真貼付、プリントアウトなど自由。

登録番号の記載 & 登録票

提出方法 & 作品送付先

下記へ送付してください。

日新工業株式会社「日新工業建築設計競技係」[必ず明記のこと]

〒120-0025 東京都足立区千住東2-23-4

TEL:03-3882-2613


持込み、バイク便は不可。


開封時に痛みやすいため、円筒状の梱包はご遠慮ください

その他

  • 応募作品は未発表の作品に限ります。
  • 本設計競技の応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品の発表に関する権利は主催者が保有します。
  • 応募作品は返却いたしません。
  • 同一作品の他設計競技との二重応募は失格となります。
  • 応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を侵害するものであってはなりません。また、雑誌や書籍、Webページ等の著作物から複写した画像を使用しないこと。著作権侵害の恐れがある場合は、主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。
  • 入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。
  • 入賞後の応募者による登録内容の変更は受け付けません。
  • 応募に関する費用(送付・税金・保険など)は、すべて応募者の負担となります。
  • 課題に対する質疑応答はいたしません。
  • 規定外の問題は応募者が自由に決定すること。

審査委員

2021年10月1日(金)に 応募登録終了